よい眠りに導く香りのお風呂

よい眠りに導く香りのお風呂

よい眠りに導く香りのお風呂

 

ほとんどの人は寝る前にお風呂に入ると思いますが、
お風呂の入り方も睡眠の質に影響します。

 

ぐっすりよく眠りたいときは、いつものお風呂に
リラックス効果のある香りをつけたすのもおススメです。

 

良い眠りを誘ってくれる一番おススメの香りは
ラベンダーの香りです。

 

優しい甘い花の香りで、嫌いな人は
あまりいないんじゃないでしょうか。

 

ラベンダーの香りの入浴剤を買ってくることもできますが、
ラベンダーのエッセンシャルオイルと塩を使ってバスソルトを
作ることもできます。

 

ラベンダーのエッセンシャルオイルはほかのエッセンシャルオイルに
比べると安価ですし、ひと瓶買っておけばいつでもラベンダーの
お風呂が楽しめていいですね。

 

ラベンダーのエッセンシャルオイルは肌への刺激が
比較的弱いところも安心です。

 

といっても、精油そのものを肌につけたらダメですよ。

 

香りは瞬間的に人の気分を変えてくれる効果があります。

 

これは脳の中で香りを感じる部位と感情を司る部位が
近いからだそうです。

 

お風呂のリラックス効果とラベンダーの香りに助けられて、
ぐっすり眠りたいですね。

 

睡眠しているべき時間

 

睡眠は夜の仕事をしていて朝方寝て夕方に起きるという
生活スタイルの人もいますが、大多数の人が夜になると
寝て朝になると起きるという生活スタイルだと思います。

 

睡眠にはゴールデンタイムと呼ばれる寝ているべき
時間帯があります。

 

その時間帯というのが22時から2時の間とされています。

 

なぜこの時間帯なのかと言うとこの時間内に寝ていることで
人間の体に宿る体内時計を適切に保つことができるのです。

 

人間の体には1日を1サイクルとしたリズムを刻む体内時計が
備わっています。

 

朝に起きて夜に眠くなるという仕組みは、
体内時計によって生活リズムを管理、
調整されているからなのです。

 

朝6時に起床するためには、22時には眠りにつくことが
最適と逆算されているために22時から2時の間は
睡眠のゴールデンタイムといわれているのです。

 

この時間帯に寝ていることで美肌や疲労回復、
太りにくい体づくりと特に女性に嬉しい効果が
沢山あります。

 

睡眠は健康の中でも欠かせない大切な部分なので
できるならゴールデンタイムには寝ていることをお勧めします。